新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

はじめまして、コワーケーション.comです

「コワーケーション.com」とは?

コワーケーション(coworkation).comは、企業の合宿やオフサイトミーティング時に最適な滞在施設、研修・体験コンテンツ、そして必要な機材準備まで一括手配するコンシェルジュ型サービスです。

組織やチームでのワーケーションを企画 / 探している方々に向けて

  • ホテルや旅館、会議施設、キャンプ場など「体験」に最適な場

  • チームビルディングや研修プログラム、地域ツアーやアクティビティなどワーケーションならではの体験コンテンツ

をご希望に合わせてプランニング、全面サポートしています。

オフィスだけじゃない。第4の場=コワーケーション

近ごろ、働き方改革の推進や、個人のライフスタイルや価値観の多様化、テクノロジーの発達などにより、働き方の選択肢は変革期を迎えています。
コロナ禍では、あらゆる人が在宅勤務やリモートワークを経験し、オフィスの存在やコミュニケーションのあり方自体を捉え直すきっかけとなりました。

今こそ“働き方改革”以上に、”働く環境改革”そして“体験の創造”が必要だと私たちは考えます。

これまで通っていたオフィスを「第1のオフィス」と捉えるならば、サテライトオフィスは「第2のオフィス」、テレワークやコワーキングスペースは「第3のオフィス」、そして私たちは、組織で行うコワーケーションを「第4の場」と提唱します。

個人の働き方の選択肢は広がったものの、組織として活動する「場」にはまだあまり変化がないのが実情ではないでしょうか。

そこで、共に(CO)働く(WORK)、オフィスだけではない滞在体験(WORKATION)=コワーケーションを通じて、豊かなカルチャーやエンゲージメントを醸成するキッカケを提供する。そして組織の明日を変え、楽しく創造性にあふれた社会をつくりたいと考えています。

noteで届けたいこと

まだまだ、「コワーケーション」の考えや価値を伝えきれていない、と感じています。
そこでこのnoteでは、下記のようなコンテンツを通じてみなさんの「働く」をアップデートできるような情報発信を行っていきます。

・コワーケーション.com が生まれた理由
・運営メンバーの紹介
・企業や組織のコワーケーション体験談
・「体験」の場をつなげたい施設事業者、「体験」を届けたいコンテンツ事業者の方たちの声
・おすすめ地域やプランの紹介など

働く人や環境の「本質」を問いつづけ、豊かなワークスタイルやライフスタイルを実現する── 
このnoteを通じて、楽しくクリエイティブな働き方や体験を通じたコラボレーションが広がっていくことを願っています。


最後までお読みいただきありがとうございます。
これからどうぞよろしくお願いします!

***

コワーケーションに興味を持っていただけた施設事業者、コンテンツ事業者、組織内の企画者の方がいらっしゃったら、お気軽にお問い合わせください★
*コワーケーションプランの提案希望やお問い合わせについてはこちら
*施設やコンテンツを提供したい方はこちら

https://co-workation.com/

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!